様々な種類の存在

十字架

いろいろな種類がある葬儀

人は誰でも人生で、大切な知人や家族、友人をなくすものです。その時に参列する葬儀というのは、大切な人の死と真摯に向き合い、ゆっくりと事実を受け入れるために必要な儀式といえます。 近年では、時代のニーズに合わせていろいろな葬儀の種類があります。たとえば、一番現在、注目されているのが、家族葬です。これは、親戚やごく親しい方などで行われる少人数で営む葬儀のことです。その他にも、密葬というものもあります。これは、本葬を後日行うことを前提にして、前もって親族だけで行われる葬儀です。 その他にも、葬式をせずに火葬のみで済ませる直葬、通夜、葬式と通常は二日かかる葬儀を一日で済ませる一日葬があります。葬儀を遺族の都合で選択することができるのは便利です。

つやや葬式で受付を任されたときのポイント

仲の良い知人や親族から、葬儀の受付を任されることがあります。この時には、いくつかの注意点があります。まず大切なことは、儀式の1時間前に会場にいることです。葬儀が始まる前には、喪主への挨拶や葬儀社の方との打ち合わせがあるからです。なので、余裕を持って会場に到着したほうが良いです。 その他に大切なことは、受付であずかった香典を家族の誰に渡すのか事前に確認したほうが良いです。香典というのは、通夜に参列した方からあずかるお金のことです。通常は、香典が溜まってくると金庫に入れて保管することになります。ですが、葬式の最中は、受付は誰もいない状態になります。なので、泥棒にとられないように、儀式前に必ず遺族に渡す必要があります。きちんと確認することで、金銭トラブルを防ぐことができます。

注目の記事