値段を考慮しよう

神社

一般的な墓石とは〜全国の平均は〜

「生」があると「死」があります。 死は、とても身近にあるものですが、公に語られることは少なくあまり知らないままの人も実は多くいます。 今回は「墓石」について調べてみました。 墓石は、家単位で建てるのが一般的です。例えば、長男で家を継いでいるなら新調しない限り必要はありません。 家を継がず独立した人は新たに墓地を購入し、墓石を建てなければいけません。 金額は「ピンからキリまで」の世界で、地方によって差も大きいです。今回は全国平均の価格を調べてみました。 墓石の主流は御影石です。 墓石の値段を全国平均で見てみますと「100万円以下」が一番多いです、次に多いのが「100万円〜150万円」となっています。 自分が死を迎えた後、墓石にこの程度の金額がかかると覚えておいた方がいいでしょう。

これからのお墓は値段だけじゃない

墓石の値段がわかりましたが、墓石には「永代使用料」が付いてきます。 お墓の土地を使用する権利という事です。墓石は自分のものですが、土地は違うんです。これは購入時一回だけ払うものです。 この全国平均は「50万円以下」が一番多く、次いで「50万円〜100万円」となっています。やはり大金になります。 生前、立派な地位にあった人はやはり高い値段のお墓を立てています。値段とは=(イコール)地位や身分、もしかしたら見栄なのかもしれません。 しかし現代、徐々にこの伝統的な習慣が様変わりしつつあるようです。 樹木葬墓と言うもので、墓石の代わりに花木を植えるものがあります、これにも永代使用料は必要で個別型のものや集合型のものがあるようです。 最後に「お墓を持たない」という選択肢があります。 その背景は、核家族化や継承・管理が困難だという事ですがそれでも場所の決まった自然葬(散骨)だったり、ネット墓地だったり何らかの形で残してあるようです。 自分が入るだけではなく、残された家族や友人達にも「偲ぶ場所」として必要ですので、何かしらの形で残していってほしいでものです。

注目の記事